午後6時の自由時間

こんばんは。私は今ここでブログを書いています。

f:id:panda68gou:20170925181928j:image

そう、屋外です。公衆の面前で、闇に紛れながらこうしてブログを書いています。この世にはブログやTwitterフェイスブックなどに上がられた写真で「これは、、、ここだ!!」と場所を特定するのが得意な班員さんがいらっしゃると聞いたことがあります。

正面のカイロプラクティックの看板がめちゃくちゃ写り込んでしまいましたので、ここも時間の問題で特定されてしまうのでしょう。

それはとても恐ろしい。だから先に言ってしまおうと思います。ここは東京都新宿区の鶴巻町交差点です。また新宿かよーとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、新宿区とはいえ歌舞伎町とはだいぶ離れています。どちらかというと文京区に近いところなので、少し、ほんの少し、おしとやかな雰囲気です。

そして私はバスを待っています。間も無くバスが来ます。追跡班がここに到着する頃には、私はもうここには居ないのです。まるで怪盗です。怪盗ぱんだ68号です。

さあ、訳がわからなくなってきました。

 

f:id:panda68gou:20170925183107j:image

何を隠そう、私はバスが好きです。人が運転する乗り物に乗って、外を見るのが好きなのです。電車でも可なのですが、景色が近いバスがベターです。同じ目的地に行くなら電車10分よりバス30分を洗濯します、じゃぶじゃぶ。違った、選択します。

さあ、ますます訳がわからなくなってきました。

 

というか、かつてここまで「どうでもいい話題」があったでしょうか。もうこのエントリーは「私が自分の思いのままに書き散らかす回」となってしまいました。

どこかのブログで「振り返らず、校正もせず、思ったままに自由に書くことで、文章上達の訓練になる」と読んだことがあります。それです。そのブロガーさんは多分そうして書いた文章は「公開しない」とおっしゃってたような気がします。

でも私はあえて「公開」します。そして数日後に読み返して「後悔」することでしょう。

 

 

お後がよろしいようで。